ダメージを極力減らす

ドライヤーのダメージを抑える使い方

ドライヤーのダメージを極力減らす方法

ドライヤーから髪を守る方法

 

こちらで説明したように正しくドライヤーを使えば
ドライヤーのダメージを抑える事ができ、ヘアケアにもなります。

 

なので、こちらではドライヤーのダメージを抑える裏技を紹介します。
出来れば実践してみて下さい。

 

タオルドライの裏技

 

濡れた髪の水分をしっかり吸収してあげれば、
ドライヤーの時間短縮+ダメージを抑えられます。

 

ちなみにタオルドライの際タオルでゴシゴシ拭きとらない事が大前提の話ですが
タオルドライの後に、キッチンペーパーを使うと驚くほど吸水してくれます。
(ティッシュペーパーでもOK)

 

使用方法は、優しく包んで吸水すること。
髪を拭きとるというより、水分を吸収させると考えて下さい。

 

一度に当てる時間は長くても3秒ほどに抑えましょう。
長すぎると髪の油分まで持って行かれます。

 

タオルも吸水率の高いマイクロファイバー製のを使うとさらに効率が上がります。

 

何度も言いますが、タオルドライはゴシゴシ拭くのは止めましょう。

 

ドライヤーでトリートメント効果を上げる

 

これはシャンプー後、トリートメントを付けた後に
タオルを使ってトリートメント効果を上げる方法です。

 

トリートメント後に、タオルを巻くと(ターバンだとさらに楽)
浸透する際に邪魔になる「水分」を吸収してくれる上、
浴室の湿気からも守られるので非常にオススメのヘアケア方法です。

 

トリートメントは熱を加えるとタンパク質の結合が緩んで浸透しやすくなるので
この状態でドライヤーを当てると、タオルを巻くだけより、さらに浸透しやすくなります。

 

面倒な方法ですが、是非一度試してみて下さい。
質の良いトリートメントでこれをやると凄まじい程の効果があります。



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP ドライヤー知識 風量比較表 管理人プロフィール お問い合わせ