ドライヤーの選び方

ドライヤーの選び方

ドライヤーの選び方のポイント(主観)

えー・・・かなり主観混ざってますが。
ドライヤー選びの際、後悔しないためのポイントを

 

 

3つ

 

 

挙げていこうと思います。

 

その1・風力

 

ここを気にする人多いと思います。

 

例に漏れず僕もその一人です。

 

今僕は1.3m3/分のドライヤー使ってますが、
実家にある、貧弱なポンコツドライヤー使うと思わず舌打ちするレベル。
風力強いのに慣れてしまっていると大分イラッとします。

 

しかも風力弱いドライヤーって熱風が無駄に熱いし、すぐに乾かないし、
すぐに乾かない=「無駄に電気代がかかる・髪にダメージいく・時間の無駄」
と、あんまりいい事がないので(ーー;)

 

何度も言っている事ではありますが、1.3m3/分は欲しい所。

 

 

その2・価格が安すぎない

 

価格に関しては、安ければ安いほど嬉しいもんなんですが、
未だかつて安いドライヤー使って(3000円以下は特に)

 

おおー!よく乾く!最高!

 

なんて思ったこと一度もないです。皆無。

 

実家しかり、温泉やホテルしかり、貧弱な安物ドライヤー使わされるたんびに
「性能差」って物を思い知らされます。

 

やはり家電なので、価格がモロに性能に関わって来るわけですよ。

 

確かに安いに越したことはないですよ!
ないんですけどね!?

 

ドライヤーなんて頻繁に買い換える物でもないですし、
一度購入したら、数年のお付き合いになる事は確実ですので(ご臨終しない限りは)
あんまり予算切り詰めないで考えてみてください。

 

ホントに満足度が全然違います。

 

 

その3・w数

 

一概には言えないんですが、今のドライヤーは大体2種類。
1200Wか1500Wの物に分かれます。

 

1200Wが最も流通されているタイプ。
1500WはNobbyやソリス等、業務用であったり、美容室で使われているタイプ。

 

このW数なんですが・・・デカけりゃいいって訳じゃありません。
確かに業務用系は性能がいい物が多いんですが、これはブレーカーとご相談です。

 

特に、エアコンを使っている場合は注意。
30Aが限界な場合、エアコンと1500Wのドライヤー使うだけで
ブレーカーさんは死にかけな訳です。

 

 

ここに洗濯機とか炊飯器なんて使ったら、あっという間に昇天します。

 

 

安易に1500Wのドライヤー買って、
使うたびにブレーカーが落ちまくるという残念な事にもなりかねないので。

 

1500Wは正直勧めにくかったりします。
というかやはり業務用なので一般家庭向きでは・・・。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP ドライヤー知識 風量比較表 管理人プロフィール お問い合わせ