ヘアアイロンの注意点

ヘアアイロン使用の際の注意点

ヘアアイロンの使い方

ヘアアイロン

 

くせ毛の方はヘアアイロンが必需品となっている方も多いと思いますが、200℃以上の熱を発する物もありますので当然髪にはダメージになりやすいです。

 

傷みやすさはドライヤーの比ではありません。

 

以下にヘアアイロンを使う際の注意点を挙げておきます。

 

絶対に濡れた髪に使用しない

 

たまに濡れた髪にも使用できる・・・というヘアアイロンが存在しますが
絶対に髪が渇いた状態で使用して下さい。

 

髪が濡れた状態でヘアアイロンを使うと・・・なんとなくわかりますよね?

 

 

 

水分が沸騰します。

 

 

濡れた状態はただでさえダメージが受けやすい状態。

 

というか濡れた髪にヘアアイロンを使用したら取り返しがつきません。
絶対に乾いた状態で使用しましょう。

 

長時間当てない

 

高熱でプレスする訳ですから長時間髪に当ててしまうと
当然ダメージになってしまいます。

 

一気にまとめてプレスするとうまく髪が伸びず、
何度もプレスすると無駄に髪が傷んでしまうのでまとめて伸ばさないように。

 

後は傷みやすい毛先を避けて、根元中心にプレスするようにしましょう。

 

設定温度を150℃以上にしない

 

乾いた状態でも髪は150℃以上の熱で熱変性が起きてしまい
取り返しのつかないダメージになってしまいます。
ちなみに濡れている状態だと60〜70℃程です。

 

温度調整の出来るヘアアイロンを選んでください。

 

220℃くらいまで調節出来るヘアアイロンがありますが
もし濡れた髪+220℃のヘアアイロンを当てると・・・言うまでも無いと思います。

 

180℃以上に設定するといよいよ取り返しがつかないダメージになるので
必ず100℃〜140℃程度で使用しましょう。



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP ドライヤー知識 風量比較表 管理人プロフィール お問い合わせ