シャンプー選びの注意点

シャンプーを選ぶ際の注意点

シャンプーの選び方

シャンプーの選び方

 

シャンプーを選ぶ時、何を基準にして選ぶべきか?
細かい所まで言ってしまうと長くなりすぎるので

 

最低限避けるべき基準

 

ここだけ避ければ粗悪なシャンプーを避ける事が可能になりますので
今後のシャンプー選びの参考にしてみて下さい。

 

そもそも悪いシャンプーとは?

 

良いシャンプーと悪いシャンプーの違いってわかりますか?
シャンプーは大半が水と洗浄剤で構成されています。

 

つまり

 

洗浄剤でほとんど決まる

 

んです。実は。

 

確かに全体に含まれる成分(成分表示の配合順にもよります)も関係してきますが
洗浄剤が与える影響が一番大きいです。

 

いかにツバキ油やハチミツを配合と謳っていても
洗浄剤がダメなら良いシャンプーとは言えません。

 

成分表示や広告と言うのはシャンプーの中に
1滴でも入れれば「配合」と書くことが可能です。

 

でも・・・肌に悪い液体ににツバキ油を1滴入れた瞬間に
いきなり肌に良くなると思いますか?

 

 

なりませんよね^^;

 

一番に見るべきは「洗浄剤」と言う事を覚えておきましょう。

 

避けるべき洗浄剤

 

シャンプーや化粧品等のボトルの裏を見ると成分表示があります。
医薬部外品以外は全て配合量の順に表示されています。

 

大半のシャンプーは一番最初に「水」となっています。
その次が洗浄剤です。その洗浄剤が

 

 

○○硫酸となっている物を避ける

 

 

良くあるのはラウレス硫酸・ラウリル硫酸・パレス硫酸等です。

 

硫酸系洗浄剤がどんな特徴なのかを説明すると

 

  • 洗浄力が極めて強い
  • 原価が安く大量生産が可能
  • 生分解性が悪い

 

基本的に良いことありません。

 

極めて高い洗浄力、刺激も強い、パサパサになりがち、
カラー・パーマの持ちも悪いと来ているのでメリットがありません。

 

安い事ぐらいです。

 

ですので○○硫酸となっている洗浄剤を使用しているシャンプーは
避けるようにしましょう。髪や頭皮に良いとは言えません。

 

まさに私がそうでしたが、硫酸系シャンプーからアミノ酸系やベタイン系に
変えた時、洗い上がりの良さに驚きました。

 

出来れば覚えて頂きたい知識

 

最近はこの硫酸系洗浄剤が髪・頭皮に悪いという事を知る方が増え、
新たに別の洗浄剤をメインにする物が出始めました。

 

それが

 

 

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

 

 

こちらも高洗浄力で安価な洗浄剤です。
(刺激は硫酸系に比べ低め)

 

これが使われている=ダメとは言いませんが
メインで使われている場合は避ける事をおすすめします。

 

ちょっとした裏話ですが、比較的安価でノンシリコンと謳っているシャンプーは
これがメインである場合が多いです^^;



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP ドライヤー知識 風量比較表 管理人プロフィール お問い合わせ